肌荒れ・乾燥・皮むけを同時にケアできる化粧品とは?

抗炎症成分と、保湿力が大切です
肌荒れは、紫外線や、乾燥、肌への摩擦などで、肌が炎症を起こしている状態です。改善するには、炎症を抑えてくれる成分の化粧品を選びましょう。繰り返す肌荒れを抑えて、外部刺激に負けない肌を作ることが大切です。

乾燥肌は、肌に水分や皮脂が十分に足りてない状態といえます。十分に、角質層と真皮層を保湿してくれる成分が配合されているかどうか、しっかりと見極めましょう。保湿成分は様々ですが、ヒト型のセラミドなど、肌に浸透しやすい成分を選ぶ事で、乾燥肌を改善しやすくなります。

皮むけは、肌を保湿し、角質層を潤いで満たすと同時に、肌の水分蒸散を抑えてくれる成分が必要です。保湿しても、水分が蒸散されてしまうのでは台無しです。貯水力をアップさせる成分が大切です。